サポート

家計簿明細が増えて重くなったので、繰越・削除を行って、最近の明細のみの家計簿にしたい。
ただし、明細削除前の家計簿も、別名で残しておきたい。

現在利用している家計簿データの設定内容、費目や口座・残高などは残して(引継いで)、新しい家計簿データを作成したい。

例)
データ名[我が家の家計簿]の設定内容、費目や口座・残高などを残し、
2013年3月31日以前の家計簿明細データを削除、2013年4月1日以降の家計簿にする。

過去のデータは、[データ切替]で見られるようにしたいので、
繰越・削除を行う前のデータを、別名で保存しておく。

  1. 「てきぱき家計簿マム9」を起動し、メニューから
    「データ管理」-「データの削除」の順にクリックします。
  2. データ削除画面で「指定日まで繰り越して削除」を選択し、
    削除(繰越し)を行う範囲の最終日を指定します。

例では、2013年4月1日以降のデータを残すので、
削除指定日にはその前日 2013年3月31日を入力しています。

家計簿データのみの削除の場合は、
[データの種類]選択で、[家計データ]のみにチェック。
日記データも削除されたい場合は、[日記]にもチェックを付けます。

削除を実行する場合は、[実行]をクリックします。

  1. 確認画面が表示されますので「OK」を選択してください。
  2. 「繰り越しを行う前のデータを別ファイルに保存しますか?」
    で [はい] を選択してください。

※[いいえ]を選択すると、
[別名で保存]は行わずに、データの削除のみ実行します。

  1. 削除前のデータを保存するファイル名を入力して、[OK]を選択してください。
    ファイル名の初期値は、[データ名_操作日] です。例) 我が家の家計簿_20130331

以上の操作で、2013年4月1日以降のデータ[例)我が家の家計簿]と、
操作時点のデータのコピー[我が家の家計簿_20130331]の2個のデータができます。

これらのデータは、[データ管理]メニューの[データ切替]等で切り替えが可能です。