サポート

電気代など月によって支払額が変わる場合の利用方法

電気代・水道代など、月々金額が変わるものも、仮の金額を使って設定しておくことで、
記入漏れを防ぐことができます。
例えば[電気代]、仮に8,000円で設定を行い、8,000円の転記完了後、
「月極め自動転記」の[検索明細一覧部]、
または日計・月計からの[明細一覧]で、実際の請求金額に調整できます。